言葉の重要度

言葉は簡単に発することができます。しかし、その言葉で人は良くも悪くもなりゆくものと思います。
私は28歳の時に離婚を経験しました。本来ならば、離婚はしたくなかったのですが、子供のことを考えた時に、子供が後ろ指さされるようにしたくない思いの方が強く、離婚を決意しました。その時に勇気をもらった言葉は、「アナと雪の女王」の主題歌レット・イット・ゴーです。この歌詞「ありのままの姿見せるのよ。ありのままの自分になるの。何も怖くない。かぜよふけ。」の言葉に勇気をもらいました。ありのままの自分で、今自分にできる最善の方法はこれだと自分を信じて前へ進めた思い出した。今までの生活を変える勇気ってなかなか踏み出せなかったのですが、この曲の歌詞を聴ていると自分に言われてるような感じを受け、とても勇気付けられました。言葉は人に勇気と希望を与えられる最大の宝物だと感じます。自分は自分で良いよという言葉を優しく言ってあげれる人になりたいなと思います。
なっちゃん33歳http://www.afsdfasdgfhdfgh.com/