背中を押してくれた言葉

MONKEY MAJIKさんの大丈夫という歌は歌い始めの歌詞から自分に勇気をくれる歌詞になっています。
「大丈夫だから…」「キミならできる…」その言葉で強くなれた
学生時代にスポーツに力を入れていたのですが、試合前になると必ずといっていいほどこの曲を聴いて試合に臨んでいました。この歌自体は人との出会いと別れの歌ではありますが、何かに背中を押してもらいたかった心境の場面で非常に心強かった言葉だと感じています。試合も一期一会で目の前の試合はその場その場しかありません。たとえ結果が勝っても負けても後ろには戻れません。試合が終わったら前を向いて進むしかないのです。緊張感のある試合前は練習で頑張ってきたことを本番で発揮できるのだろうかと不安があったりしますが、試合前にこの歌を聞くことで自分なら出来るんだよと背中を押してくれたように思います。練習とは違う場面で緊張している自分自身に勝たないといけなかったのでこの歌の言葉にとても勇気をもらいました。アリシアクリニックのキャンペーンについての詳細はこちら