背中を押してくれた言葉

MONKEY MAJIKさんの大丈夫という歌は歌い始めの歌詞から自分に勇気をくれる歌詞になっています。
「大丈夫だから…」「キミならできる…」その言葉で強くなれた
学生時代にスポーツに力を入れていたのですが、試合前になると必ずといっていいほどこの曲を聴いて試合に臨んでいました。この歌自体は人との出会いと別れの歌ではありますが、何かに背中を押してもらいたかった心境の場面で非常に心強かった言葉だと感じています。試合も一期一会で目の前の試合はその場その場しかありません。たとえ結果が勝っても負けても後ろには戻れません。試合が終わったら前を向いて進むしかないのです。緊張感のある試合前は練習で頑張ってきたことを本番で発揮できるのだろうかと不安があったりしますが、試合前にこの歌を聞くことで自分なら出来るんだよと背中を押してくれたように思います。練習とは違う場面で緊張している自分自身に勝たないといけなかったのでこの歌の言葉にとても勇気をもらいました。アリシアクリニックのキャンペーンについての詳細はこちら

言葉の重要度

言葉は簡単に発することができます。しかし、その言葉で人は良くも悪くもなりゆくものと思います。
私は28歳の時に離婚を経験しました。本来ならば、離婚はしたくなかったのですが、子供のことを考えた時に、子供が後ろ指さされるようにしたくない思いの方が強く、離婚を決意しました。その時に勇気をもらった言葉は、「アナと雪の女王」の主題歌レット・イット・ゴーです。この歌詞「ありのままの姿見せるのよ。ありのままの自分になるの。何も怖くない。かぜよふけ。」の言葉に勇気をもらいました。ありのままの自分で、今自分にできる最善の方法はこれだと自分を信じて前へ進めた思い出した。今までの生活を変える勇気ってなかなか踏み出せなかったのですが、この曲の歌詞を聴ていると自分に言われてるような感じを受け、とても勇気付けられました。言葉は人に勇気と希望を与えられる最大の宝物だと感じます。自分は自分で良いよという言葉を優しく言ってあげれる人になりたいなと思います。
なっちゃん33歳http://www.afsdfasdgfhdfgh.com/

母の一言に救われました。

社会人になってからの出来事です。当時、仕事で難しいプロジェクトを任せられ、精神的な負担がありました。そして、自分なりにさまざまな改善を試みたのですが、自分が思うように事が進まず焦っていました。食事をする暇もなく、体重がどんどん減ってきていました。気付くと、円形脱毛症にもなっていました。用事があり実家に行った時に、痩せこけた私に母がどうしたの?と聞いてきました。仕事の事を話すと、「今までは頑張ってきて当たり前だったけど、今度はどれだけ力を抜くかを考えたら?」と言われました。力を抜くか・・・ハッとさせられた私は、自分だけが仕事をしようとせず、周囲の人に仕事を依頼するようにしました。すると、精神的な重圧がかなり減ったことで、食事をするようになり、プロジェクトも無事終了することができました。何でも一人で解決しようとせず、周囲の人に相談したりすると案外問題が解決したりするのだなと実感しました。母の一言に本当に感謝しています。

ニックネーム:kathy
年齢:44http://www.datumouesute.info/

悩んでる時に励まされた言葉

体調が悪くて半年間家からあまり出掛けられなかった時に、隣の老夫婦が私を観察していて、ニートの引きこもりみたいな設定にされていて、悪口を言われていました。 私はそれが許せなくて、知り合いにその事を相談すると、別に関係ない人にどう思われたっていいよ。仲良い人に言われてたらショックだけど、どーでも良い人に言われるなら気にならないけど。と言われ、そうゆう考えもあるんだなと少しイライラが減って、陰口も前より気にならなくなりました。Mr.Childrenさんの終わりなき旅で、転職しようか迷っていた時に、高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんなー、まだ限界だなんて認めちゃいないさという歌詞を聞いて、新しい仕事をしようと決めました。転職すると新しい職場や、仕事に慣れるのにまた大変なのですが、一度きりの人生だし、色々挑戦したいなという気持ちになったし、大変な事をのりきれた時の充実感はあると思うので、この歌詞に励まされ、共感しました。津田沼脱毛について調べている方はこちら

気にしすぎなくてもいいんだなっね

「気にしすぎなくてもいいんじゃない?思ってるほど周りの視線は集まらないもんだよ」
やってみたいことはあるけれど、周りの目が気になって一歩を踏み出せずにいた私に友達が言ってくれた言葉です。
その頃の私は、周りの目ばかりが気になってしまい他人にどう思われるかをついつい気にしてしまっていました。この人はきっと私をバカにしている、あの人はきっと私が嫌いだろう、と確認出来もしないこと分かりもしないことをおもって、考えては悩んで一歩も踏み出せない地団駄を踏んでいるだけのようになってしまっていた私でしたが、友達の一言ではっとしました。
見られてることへの緊張感と、過剰に見られてることへの恐怖感は違うのだなと思い直せたんです。友達の言葉を聞くまで私は恐怖が先にたっているような状態でした。周りの視線に怯えていたんだと今なら思えます。そこまでなってしまう必要は無かったんだと、友達のおかげで気づけたので本当に感謝しています。プリート割引のくわしい内容はこちら

親友が歌ってくれた

昔の事になりますが、失恋と失業をいっぺんにしてしまい、かなり落ち込んでいました。

落ち込む私を親友が毎日のように誘ってくれ、外に連れ出してくれました。

その時の私は、仕事も無いし彼氏もいない、自分なんて何の価値もないんだ、というくらい精神状態で、親友はそんな事はない、頑張ってこの状況を抜け出せば、必ず良いことが起きる、と言ってくれていました。
しかし私は前向きになる事が出来ずにいました。

ある日、親友がカラオケに誘ってくれました。
あまり歌う気にもなれず、ぼんやり親友の歌うところをみていました。
すると、じっと私を見ながら歌うのです。

曲は 浜崎あゆみの TO BEでした。

君がいるならどんな時も笑ってるよ
君がいるならどんな時も笑ってるよ
泣いているよ 生きているよ
君がいなきゃ何もなかった

私は泣いてしまいました。
こんなに優しい親友がいる私が無価値だなんて事はない! と勇気がでました。

その後、辛い時にはこの曲を聴いて頑張りました。
親友とはいまでも仲良しです。

あゆむ 32歳すぐに楽器を売る方法はこちら

言葉に関する記事です。

最近ではスマホが多く普及してしまったので人に道を聞いたり言葉を交わさなくても動ける時代になりました。 Siriに聞けば何でも教えてくれるので、良い時代になった反面言葉を交わす事が少なくなってように思います。私は先日生理痛で道でぐったりしていた主婦の方を見つけました。始めは熱中症かなぁと思って声をかけようかかけるまいか迷ったのですが、声をかけました。成立がとてもひどいとの事でした。実は私も自身も生理痛がひどいので、いつも鎮痛剤を持っています。それから夏ですがホッカイロは必需品です。夏だからといって生理痛が痛くない訳はありません。私はその女性にお水を買ってきてあげて、私が持っていた薬を飲んでもらいました。そしてホッカイロを2つ上げました。その女性は安堵の表情を浮かべていました。その顔見た時に私は声をかけて良かったなと思いました。困った時はお互い様と言いますがもし私が逆の立場だったらすごく嬉しいと思います。
あすか36歳脱毛についてもっと知りたい方はこちら

くよくよしない魔法の言葉

私に勇気を与えてくれる言葉は、「なったがベスト」。
高校の担任の先生が、卒業の時に書いてくれた言葉です。
私は自分が関わったことについて、ああすればよかったとかこうすればよかったとか、後悔の気持ちがいつもあったように記憶しています。
その私を見かねたのだと思います。
今のそのままの状態が、最高の状態と受け入れる。
なった通りの今がベストだということでした。
あれから、その言葉も忘れたまま何年もの月日が流れましたが、最近になってよくこの言葉を思い出すようになりました。
いろいろと悩んだり苦労したりして今日まで生きてきて、おそらく今の状態が私のしてきた結果としてベストだと飲み込めるようになりました。
あの時の先生は、今の私より若かったけれど、現状を淡々と受け入れ手生きておられたのだと思います。
先生は亡くなってしまったけれど、最後にお会いした時にこの言葉を送ってくださったことへの感謝の気持ちは伝えることができました。
この言葉は、過去形ではなく現在進行形で勇気をくれる言葉です。

りゅうにょ54歳http://yasepuro.com/

今でも心で唱えている魔法の言葉

私は、とあるスポーツのプロ兼インストラクターとして生活していた時期があります。

そんな中、
どんどん新しい技を極めたいと思っているのに、
何をしても上手くいかず失敗ばかりで落ち込んでいた時期がありました。

何もかもどうでも良くなって、
「○○は出来ていいよね・・・私には出来ない・・・」
と愚痴ったことがありました。

そんな時、その仲間に言われた言葉。

【出来ない】んじゃなくて【やらない】だけ!
出来なければ、出来るまで何度もやればいい!

これを聞いてグサッときました。

確かに、失敗の恐怖心から練習を少なめにしたり、
難易度を下げてなぁなぁにしていた部分があったんです。

新しい技は、何度も練習しなければ出来るようにはならない。
出来るようになるためには、何度もやらなければいけない。
友人はその努力をしたから出来ている。
私自身が努力出来てないから出来ないだけ。

本当に単純なことなんですが、
自分が挑戦することを諦めていただけだったんだと初めて気付かされました。

それ以来、出来ない時や恐怖心が出てきた時、
この言葉をいつも心でいつも唱えながら努力し続けました。

今はそのスポーツは引退しましたが、
日常生活の色んなことへの挑戦の幅を今でも広げてくれている仲間の大切な言葉です。

【りょこさん 37歳】http://www.cheapasicsshoes.net/